(yatexj)All customizable variables


Next: Sample definitions Prev: Lisp variables Up: Lisp variables

カスタマイズ変数一覧
--------------------

  yatex-mode における次の変数がカスタマイズ可能です。`~/.emacs' で `setq' 
しておけば、そちらの定義が優先されます。括弧の中はデフォルト値です。実際に
変数の値を変更する場合は `M-x describe-variable' で変数の詳細な説明を参照
してください。

 -- Variable: YaTeX-prefix
     yatex-mode 中のプリフィクスキー (`\C-c')

 -- Variable: YaTeX-inhibit-prefix-letter
     prefix キーの直後のキーバインドで `英字' のものを `C-英字' に変更 
     (`nil')

 -- Variable: YaTeX-fill-prefix
     本文を書く時の行頭に挿入する接頭辞すなわち fill-prefix (`""(nil)')

 -- Variable: YaTeX-user-completion-table
     学習したLaTeXコマンド保存ファイル名 (`"~/.yatexrc"')

 -- Variable: YaTeX-kanji-code
     文書を作成する時の漢字コード 1=Shift JIS, 2=JIS, 3=EUC (2 (MS-DOSでは
     1))

 -- Variable: tex-command
     LaTeXタイプセッタコマンド名 (`"platex"')

 -- Variable: dvi2-command
     プレヴューアコマンド名 (`"xdvi -geo +0+0 -s 4"')

 -- Variable: dviprint-command-format
     dviファイルの印刷に使われるコマンド式 (`"dvi2ps %f %t %s | lpr"')

 -- Variable: dviprint-from-format
     上の`%f'に相当する開始ページ指定書式、`%b' が開始ページ番号に変わる 
     (`"-f %b"')

 -- Variable: dviprint-to-format
     `%t' に相当する終了ページ指定書式、`%e'が終了ページ番号に変わる (`"-t
     %e"')

 -- Variable: makeindex-command
     makeindexコマンド (`"makeindex"' (MS-DOSでは`"makeind"'))

 -- Variable: YaTeX-need-nonstop
     `\nonstopmode{}'を自動的に付加するか (`nil')

 -- Variable: latex-warning-regexp
     latexコマンドの出力するウォーニング行の正規表現 (`"line.* [0-9]*"')

 -- Variable: latex-error-regexp
     同じくエラー行の正規表現 (`"l\\.[1-9][0-9]*"')

 -- Variable: latex-dos-emergency-message
     MS-DOS上で動作する latex コマンドが、エラーにより停止するとき出力する
     メッセージ (`"Emergency stop"')

 -- Variable: latex-message-kanji-code
     タイプセッタの出力するメッセージの漢字コード.タイプセットバッファの出
     力が化ける時は、これを設定する (2, Nemacsでのみ有効)

 -- Variable: NTT-jTeX
     古いNTT-jTeX使用時のようにインデントした行の先頭と前の行の(タイプセッ
     ト後の)字間が空いてしまうのを嫌う場合は`t'にする(`nil')

 -- Variable: YaTeX-item-regexp
     itemの桁揃えの時に用いる、itemの正規表現 (`"\\\\(sub\\)*item"')

 -- Variable: YaTeX-verb-regexp
     verbコマンドの正規表現。先頭の\\\\はつけない (`"verb\\*?\\|path"')

 -- Variable: YaTeX-nervous
     ローカル辞書を用いる時 `t' (`t')

 -- Variable: YaTeX-sectioning-regexp
     セクション区切り設定コマンドの正規表現 
     (`"\\(part\\|chapter\\*?\\|\\(sub\\)*\\(section\\|paragraph\\)\\*?\\)\\b"')

 -- Variable: YaTeX-fill-inhibit-environments
     fill を抑止する環境名のリスト (`'("tabular" "tabular*" "array"
     "picture" "eqnarray" "eqnarray*" "equation" "math" "displaymath"
     "verbatim" "verbatim*")')

 -- Variable: YaTeX-uncomment-once
     領域uncommentで行頭の複数の`%'を全て削除するか (`nil')

 -- Variable: YaTeX-close-paren-always
     開き括弧の入力で常に閉じ括弧を入力する (`t')

 -- Variable: YaTeX-auto-math-mode
     数式モードの切り替えを自動的に行う (`t')

 -- Variable: YaTeX-math-key-list-private
     数式イメージ補完で用いる (プリフィクスキー . 対応補完テーブル) の
     alist (`nil')。補完テーブルの書き方については`yatexmth.el'を参照。

 -- Variable: YaTeX-default-pop-window-height
     1画面の時にタイプセットバッファを初めて作成する時の高さ。数値で行数、
     数字文字列でEmacsウィンドウに対する百分率 (10)

 -- Variable: YaTeX-help-file
     共用ヘルプファイル (`$doc-directory/../../site-lisp/YATEXHLP.jp')

 -- Variable: YaTeX-help-file-private
     個人用ヘルプファイル (`"~/YATEXHLP.jp"')

 -- Variable: YaTeX-no-begend-shortcut
     `[prefix] b ??' のショートカットを使わず、`[prefix] b' だけで補完入力
     に入る (`nil')

 -- Variable: YaTeX-hilit-pattern-adjustment-private
     正規表現とそれにマッチするものの論理的意味をシンボルであらわしたもの
     のリスト…のリスト。hilit19 を組み込んでいる時のみ有効。詳しくは 
     `(assq 'yatex-mode hilit-patterns-alist)' した結果と、変数 
     `YaTeX-hilit-pattern-adjustment-default' の値(と場合によっては 
     hilit19 のドキュメント)を参照せよ。

 -- Variable: YaTeX-sectioning-level
     LaTeXのセクション単位宣言コマンドとその論理的高さのalist。

 -- Variable: YaTeX-hierarchy-ignore-heading-regexp
     Hierarchy バッファは通常ファイルヘッダとして、LaTeXのセクション宣言コ
     マンドの引数を検索し、それがなければコメント行を探すが、その際にヘッ
     ダとしては意味を持たないパターンをこの変数に設定する。デフォルトでは 
     RCS ヘッダとモード指定行(-*- xxx -*-)が設定されている。

 -- Variable: YaTeX-skip-default-reader
     Non-nil に設定するとsection型コマンドの引数入力時、アドイン関数がなけ
     ればミニバッファでの読み込みをせずに入力を完了させる (`nil')

 -- Variable: YaTeX-create-file-prefix-g
     `\include'などで `prefix g'した時に、ジャンプ先が存在しないファイルで
     あってもオープンする (`nil')

 -- Variable: YaTeX-simple-messages
     各種補完時のメッセージ出力を簡素化する (`nil')

 -- Variable: YaTeX-hilit-sectioning-face
     色付けが有効な時の `\part' の色 (`'(yellow/dodgerblue
     yellow/slateblue)')。リストの第一要素は `hilit-background-mode' が 
     `'light' の時の、第二要素は `'dark' の時の `\chapter' の色で、文字色/
     背景色 のように指定する。

 -- Variable: YaTeX-hilit-sectioning-attenuation-rate
     色付けが有効な時の、`\subparagraph' の色を `\chapter' の濃度の何%薄く
     したものにするか (`'(15 40)') `YaTeX-hilit-sectioning-face'の項参照。

 -- Variable: YaTeX-use-AMS-LaTeX
     AMS-LaTeX を使用する場合は `t' に設定する (`nil')

 -- Variable: YaTeX-use-LaTeX2e
     LaTeX2e を使用する場合は `t' に設定する (`t')

 -- Variable: YaTeX-template-file
     新規ファイル作成時に自動挿入するファイル名 (`~/work/template.tex')

 -- Variable: YaTeX-search-file-from-top-directory
     inputするファイルを探すときの基準ディレクトリをmainファイルのあるディ
     レクトリにするか (`t')
 -- Variable: YaTeX-use-font-lock
     ソースの色づけパッケージとして font-lock を利用するかどうか
     (`(featurep 'font-lock)')

 -- Variable: YaTeX-use-hilit19
     ソースの色づけパッケージとして hilit19 を利用するかどうか(`(featurep '
     hilit19)')

 -- Variable: YaTeX-use-italic-bold
     italic, boldフォントを野鳥が探すかどうか (Emacs20以降なら`t')
     font-lock利用時のみ有効。(`(featurep 'hilit19)'


automatically generated by info2www.cgi version 1.2