(yatexj)Filling


Next: Includeonly Prev: Modifying/Deleting Up: Top

桁揃え
******


itemの桁揃え
============

  itemize 環境中にある`\item'の項目(文章)が複数行に渡る場合に、項目の先頭
を桁揃えしたい場合には、


`M-q'
             ... 桁揃え

によって、その item のインデントの深さに応じて fill されます。なお、古い
NTT jTeX を使用している場合には、Lisp 変数`NTT-jTeX'を`t'にセットして下さ
い。

  このとき、変数`YaTeX-item-regexp'の値(標準では `"\\\\item"')を項目指定コ
マンドの正規表現として検索に使用します。itemize 環境で、独自のコマンドを定
義して項目を列挙している場合(例えば`\underlineitem')は、`~/.emacs' で次の
ように指定して下さい。

             (setq YaTeX-item-regexp
                   "\\(\\\\\\(sub\\)*item\\)\\|\\(\\\\underlineitem\\)")

この変数の指定の仕方がよく分からない場合は、独自の項目列挙コマンドの名前を
``"\item"'で始まるものにして下さい(例えば"\itembf"')。

野鳥の `M-q' では `\item' を環境に応じて以下のように「ハングインデント」し
ます。

     itemize, enumerate環境:
            >\item[ほげほげ] 英語では、特に意味のない単語を `foo' であらわしま
            >                すが、これの日本語版ともいえる単語が「ほげほげ」
            >                です。
     description環境:
            > \item[へろへろ] 「ほげほげ」をでたらめが単語として使った時に、第
            >            2のでたらめな単語として「へろへろ」が使われることが多
            >            いようです。


パラグラフの桁揃え
==================

  itemize環境以外でのパラグラフの桁揃え(fill)は、基本的に他のモードと同じ
ように機能しますが、verbatim環境や、tabular環境など桁揃えをすると悲惨な状
況になるような環境中では機能しません。また、\verb で括ってあるものは決して
行分割されません(変数 `YaTeX-verb-regexp' で制御) )。さらに、一時的にイン
デントの深さを変えてある箇所では、そのインデントの先頭で`M-q'を押すことに
より fill-prefix をいちいち変更しなくて桁揃えができます。



automatically generated by info2www.cgi version 1.2