(yatexj)Hook variables


Next: Hook file Prev: Sample definitions Up: Lisp variables

hook変数
--------

  また、hook 変数 `yatex-mode-hook', `yatex-mode-load-hook' を用意していま
す。すべての yatex-mode のバッファで作用させたいものは、`yatex-mode-hook' 
に記述し、`yatex.el' をロードする時だけ作用させたいものは
`yatex-mode-load-hook' に記述します。例えば、`outline-minor-mode' を利用す
る場合、それぞれのバッファで `outline-minor-mode' を有効にしたいので、
`yatex-mode-hook' を次のように設定します。

             (setq yatex-mode-hook
                   '(lambda () (outline-minor-mode t)))

逆に、独自のキー定義を行いたい時などは、`yatex-mode-load-hook' を利用しま
す。例えば、begin 型補完において、 document や、enumerate 以外の環境名もショー
トカットキーで入れたいなどという時は、次のようにします。以下の例は、
`[prefix] ba' で `\begin{abstract}', `\end{abstract}' を挿入します。

             (setq yatex-mode-load-hook
                   '(lambda() (YaTeX-define-begend-key "ba" "abstract")))

なお、新たなキーの定義には、関数 `YaTeX-define-key'
`YaTeX-define-begend-key'を利用するようにしてください。


automatically generated by info2www.cgi version 1.2