(yatexj)Image completion


Next: Greek letter completion Prev: Accent mark completion Up: Completion

数式記号イメージ補完
====================

  主に数式モードで使用される、矢印やΣなどの記号を擬似的に表現するキー入力
で、LaTeX コマンドを入力できます。これは野鳥自身の「数式モード」でのみ動作
します。野鳥はカーソルがTeXの数式環境の中にある時に`;'や、`:'に特殊な機能
を持たせます。

  さて、例えば、←(leftarrow)をASCII文字だけで表現する場合、一般的には「<-」
のようにしますが、これを利用して、数式記号イメージ入力モードで 
`\leftarrow'を入力するには、`;'(セミコロン)を打ってから`<-'と入力します。
同様に、長い矢印←-(long-leftarrow) をASCII文字だけで表現する場合「<--」と
するので、`\longleftarrow'を入力するためには、`;<--'と入力します。あるいは
無限大記号をASCII文字だけで表現する時は「oo」のようにすることから、
`\infty' を入力する時は、`;oo'とキー入力します。

  これらの操作をまとめると次のようになります。

     INPUT                   入力される LaTeX コマンド
     ; < -                   `\leftarrow'
     ; < - -                 `\longleftarrow'
     ; < - - >               `\longleftrightarrow'
     ; o                     `\circ'
     ; o o                   `\infty'


  いずれの場合も、イメージ入力を行っている途中で望みのものがバッファに表示
されたなら、そこでイメージ入力を止めて次の編集動作に移っても構いません。

  数式環境中で`;'自身を入力するには`;;'のようにします。イメージ入力の途中
でTABを押すと、それまで入力した文字で始まるもの一覧が表示されます。ここで
目的の LaTeX コマンドまでカーソルを移動し再度TABを押すことでその LaTeX コ
マンドがバッファに挿入されます。

  どのキー入力にどの記号が対応しているか全て知りたい時は、`;'を押した直後
にTABを押してください。以下の例は、`;<'と押した後にTABを押したものです。

     KEY             LaTeX sequence          sign
     <               \leq                    ≦
     <<              \ll                     《
     <-              \leftarrow              ←
     <=              \Leftarrow              <=

左から[入力キー]、[対応する LaTeX コマンド]、[(擬似)記号図示]、という順で
メニューが出て来るので、よく使うものを覚えておくと良いでしょう。ものによっ
てはASCII文字で表現することが困難なので、あまり覚えやすいキー並びではない
ものがあるでしょうから、そのような場合は \maketitle 型補完で入力するか、以
下に述べる対応表の設定を行って単純なキー並びのものを設定すると良いでしょう。

  入力キーと LaTeX コマンド、記号の対応表を個人的に設定したい場合は 
Emacs-Lisp 変数 `YaTeX-math-sign-alist-private' に定義してください。その内
容とデフォルトのものを合わせたものが対応表として使用されます(privateの方が
優先される)。なお、この変数の構造については `yatexmth.el' を参照してくださ
い。


automatically generated by info2www.cgi version 1.2