(yatexj)view-sectioning


Prev: Recursive completion Up: section型補完

セクション区切りのアウトライン表示
----------------------------------

  通常のsection型補完の時にミニバッファで`C-v'を押すと現在存在するセクショ
ン区切りコマンド全てを `*Sectioning Lines*'というバッファに一覧表示します
(「<<--」のついている行がもっとも近いセクション区切り)。この時ミニバッファ
で`C-p', `C-n' を押すと`part', `chapter', ..., `subparagraph' のコマンドが
論理階層の高さにしたがって上下します。また、`C-v', `M-v' を押すとセクショ
ン区切り一覧バッファがスクロールし、数字の`0'〜`7'を押すとある高さ以上のセ
クション区切りだけを選んで表示します(実際にやって見れば分かります)。

`*Sectioning Lines*'バッファは、

`M-x YaTeX-section-overview'
             ... セクション区切り一覧バッファを生成

で作成することができます。このバッファを選択し任意の行でスペースを押すと、
該当するセクション区切りのある本文中の場所にジャンプします。さらに、同バッ
ファで `u' を押すと、ソーステキストの対応するセクションコマンドが一階層上
がり(例: subsection が section に変わる)、`d'を押すと一階層下がります。
`*Sectioning Lines*'バッファにあるセクション区切りの行をマークしておいて
`U'を押すとリジョン内のものに対応するソーステキストのセクションコマンドす
べてが一階層上がり、`D'を押すと下がります。セクション区切り一覧バッファで
利用できるキーコマンドには以下のものがあります。

`SPC'
             ... 対応するソース行へジャンプ
`.'
             ... 対応するソース行を表示
`u'
             ... カーソル位置に対応するセクションコマンドを一階層上げる
`d'
             ... カーソル位置に対応するセクションコマンドを一階層下げる
`U'
             ... マークしたセクションコマンドを一階層上げる
`D'
             ... マークしたセクションコマンドを一階層上げる
`0〜6'
             ... レベル n 以下のセクションコマンドを隠して表示



automatically generated by info2www.cgi version 1.2