ThinkPAD 600


仕事関係で支給された。って言ってもかなり前でみんな敬遠して 埃被ってた。てなやつに昨日息を吹き込んだ。まず2.2.8Rの環境セットアップ。 授業用に借りてたAmityの環境をCD-Rに焼いといたのでそいつをコピーしておし まい。でもCD-Rからコピーすると全部ReadOnly属性になっちゃっててちと苦労。 どうでもええが、なんかリブートがうまく行かないことがある…
なんでや。

次、FreeBSD 2.2.8Rいってみよー。SCSI CD-R使いたかったので3.1Rは諦め。 さて、boot-PAO.flpでブート。

ピ ピ ピ ピ ピ ピ ピ ピ…

apm0をProbeしに行くところで音を鳴らし続けて固まる。何これ。 早速WWWで検索かけると disable apm0 すればとりあえず入るらしい。 で、ちゃんと入ったんだけど、リブートのたびに disable apm0 せんと あかん。更に検索かけたら、MAXMEMを明示的に指定しなきゃいけないらしい。 てことで、電源ON時に画面に、

Memory 196032K OK
と出て来るので、kernel config に
options "MAXMEM=196032"
と書いてみた。ぽちっとな。うまくいった。

なんか、むかしからIBMアーキテクチャのパソコンは何かしら トラブル出るよな。Windows98からもリブート失敗したりしたのを、一瞬

「おお、同士よ…」

などとうかつにも思ってしまった。


yuuji@gentei.org
Fingerprint16 = FF F9 FF CC E0 FE 5C F7 19 97 28 24 EC 5D 39 BA
HIROSE Yuuji - ASTROLOGY / BIKE / EPO / GUEST BOOK / YaTeX [Tweet]