ぷりんたー


いまはghostscriptも5.50なんだよね。うち5.0で止まってるし、良く考えた らもらいもんのEPSON MJ810C用のgsドライバを5.0に組み込んでないから面倒で gs261jも残してあったりする。ちと入れ直してみるカー。

田中さんとこのページを見ると概観が掴める。で gs5.50-vflib-1.0.tar.gzてのをもらって来て、ghostscript-5.50とともに インストール。ちょ簡単。楽になったもんだ。標準状態でうまくインストールで きることを確認したのち EPSON MJ ドライバ入れてみよう。 ところがgs2.x時代を想定して書かれているのでうまく組み込めん! 困り。

なんて悩んでたら、どうもghostscript5あたりより後のバージョンでは、 gs本体についてくる stcolor というドライバでEPSONマッハジェット系プリンタ が使えるらしい。んで、Makefileに

 DEVICE_DEVS1=stcolor.dev

なんて足してコンパイル。あ簡単。lpr用のフィルタはどう書きゃええんじゃ 路。なんて考えてたら、 櫻井さんとこにサンプルがあったのでそれを手直ししていれた。 メモのために置いとくか。

[/etc/printcap]
lp|EPSON MJ-810C - Mach Jet Color:\
	:lp=/dev/lpt0:sd=/var/spool/output/lpd:lf=/var/log/lpd-errs:\
	:sh:if=/usr/local/etc/epsonif:
[/usr/local/etc/epsonif]
#!/bin/sh
#
# Read first two characters of the file
#
read first_line
first_two_chars=`expr "$first_line" : '\(..\)'`

if [ "$first_two_chars" = "%!" ]; then
	#
	# It is PostScript; use Ghostscript to scan-convert and print it
	#
  /usr/local/gs5.50vf/bin/gs -q -dSAFER -dNOPAUSE -sPAPERSIZE=a4 \
  -sDEVICE=stcolor -r360x360 -sDithering=fscmyk -dMicroweave \
  -dUnidirectional -sOutputFile=- stcolor.ps -
  exit 0
else
	#
	# Plain text or MJC language, so just print it directly; print a form
	# at the end to eject the last page.
	#
	echo $first_line && cat && printf "\f" && exit 2
fi

exit 2

ぜえぜえ。んで、いざプリント。おおおおお! これまでの mjdev にくらべて 倍くらい速い! すげー、ってあれ、黒が出ないぞ? がーん、あまりにプリンタを 普段使わなかったもんだから、黒インクのジェット口が詰まっちゃってやんの! がびーん。何度クリーニングしても駄目や。さいならー。


http://tiger.es.titech.ac.jp/~ksakurai/freebsd/ghost.html
yuuji@gentei.org
Fingerprint16 = FF F9 FF CC E0 FE 5C F7 19 97 28 24 EC 5D 39 BA
HIROSE Yuuji - ASTROLOGY / BIKE / EPO / GUEST BOOK / YaTeX [Tweet]