No more GIF, No more Unisys!


なんかGIFの中にもLZWアルゴリズムが入っているのでまずいという話が 突然回って来た。

LZW(データ圧縮アルゴリズム)は現在は米Unisysが特許を持っている。 以前 UNIX などにある compress がLZW圧縮を使っていて、その制約から逃れる ためにgzipなどが出て来て、今では *.tar.Z なんて使う人はほとんどいなくなっ てしまうくらいに普及した。よう頑張った。がそれは置いといて、 1995年にUnisysが「LZW法を使うあらゆるソフトウェアは商用非商用にかかわら ずUnisysのライセンスを取得しなければならない」ことを強く主張し始めた。 ちゃんとした文は 日本ユニシスのライセンス情報みとくれ。

そういや無意識でgif使ってたが、なぜか1995年の騒動の話が今日になって伝 わって来た。どっかのMLで話題に出たのかな? 簡単に言うと、GIFファイルを作 る&表示する際に使っているLZWというアルゴリズムはUnisysのものなので、そう いうソフトウェアを配付する場合は、必ずUnisysのライセンスを取得する必要が ある。取得していないソフトウェアを配付することはもちろん使うこともだめと いうことだ。
で、気になって調べてみたところ、

のような曖昧さが残るありがちな結論に達してしまった。実際IBMも 画像関係のツールの評価版を配付するときに現時点ではフリー配付するもの へのLZWアルゴリズム利用は合法であるとの判断を下している。

さらに、たぶん1995年より前にパッケージ化された netpbmを使う限り抵触しないという話があったりするので、 結局のところ今のまんまでも大丈夫ちゃうけ? と思ったりするのだが、 結局GIFを合法的に使えるアプリケーションを使う限り、そのPatent料が Unisysに転がり込むわけで、いまどきたいして効率良くもないLZWなんて うんこなもんに金払ってるのは非常に気分良くない (サイトライセンス$7,500だってよあほかい)。


GOGO ぴんぐー!

ちうことで、GIFを駆逐するために出て来たのが、最近たまーに目にするよう になったPNG(ぴんぐ)という画 像フォーマットだ。ひそかにこの前Emacs20.4.91を試したときにEmacsがnative で対応しているのがpngだったので急に身近に感じ始めていたのだった。 この辺 見れば分かると思うが、gifなんてヘボヘボなもんをこだわって使う理由はいま どき無いじゃろ。

と、思ったので、今後作るページのサムネイル画像は当面JPEGにして、 時期を見てPNGにしようかなと決心。

PC-UNIXつこてるちみが気になる各ソフトウェアのGIF状況。

netpbm
mar1994なのでOK?
ImageMagick
LZWコードは使ってないのでOK(中からcompress/uncompressコマンドを呼 んでいる)
compress/uncompress
これも1994以前なのでOK?
giflib
ドキュメントの中で作者自身がグレイなので使用には気を付けろと書いて ある
libungif( sunsite.unc.eduにある)
giflibからLZW圧縮を取り払ったもの(気になる人はこれ使うといいらしい)
(→9/3に情報追加)

ちなみにLZWの特許は2002年に切れる。もうすぐやん。てこともあって 非営利個人使用では気にせんで使い続けてもええって気もするが、 一刻も早くUnisysによる貪りが滅んで欲しいので

No more GIF!

を宣言する酢。てことで img2www でももうgifは吐き出さないようにしました。手元のものを置き換えて下さいな り。

あ、ちなみにこの画像→ No more GIF!←って見えます? 見えない人は教えて下さい。


yuuji@gentei.org
Fingerprint16 = FF F9 FF CC E0 FE 5C F7 19 97 28 24 EC 5D 39 BA
HIROSE Yuuji - ASTROLOGY / BIKE / EPO / GUEST BOOK / YaTeX [Tweet]