(yatexj)Splitting input files


Next: Fix region for typesetting Prev: Changing typesetter Up: %#notation

入力ファイル分割
================

また、章毎に別ファイルの .tex を作成している場合で、`main.tex'から 
`sub.tex'を `\include'しているような時は、`sub.tex'の任意の位置に次のよう
な行を埋め込みます。

             %#!platex main.tex


上の例のようにコマンド名だけでなく引数も書いた場合には、全てをそのまま 
shell に渡すので次のように書けば、ghostview などをプレヴューアに使う時に便
利です。


             %#!platex main ; dvi2ps main.dvi > main

なお、この行の最後の単語のピリオド以前を「メインファイル」のベースネームで
あると仮定します(上の2つの場合どちらも`main')。

  `[prefix] g' (Note: Cursor jump参照) でのファイル間ジャンプを有効に機
能させるため、入力ファイル分割時には次のことに注意して下さい。

  1. サブディレクトリを作って、その中にサブファイルを置くことはできるがサ
     ブディレクトリのサブディレクトリには置けない。
  2. メインファイルからサブディレクトリ内のファイルを includeする時には、
     相対パス指定を用いて、`\include{chap1/sub}'のように記述。
  3. メインファイルが一つ上のディレクトリにある場合も、サブファイルには
     %#!platex main.tex のように記述する(../mainではない)。




automatically generated by info2www.cgi version 1.2